家を売る前にしておきたいこと

家を売る前にしておきたいこと記事一覧

不動産の相場は必ず確認

家を売る前には不動産の相場を見ておきましょう。国土交通省は今まで行われた土地や家の売買の統計を開示しています。家を売るときに考えておきたい事は、家の価格はその物件自体の価値だけではなく、周辺地域の環境によって変化するということです。また、災害や治安に関しても地価や家の価格が変化します。よって相場を見...

≫続きを読む

専有部分と共用部分

戸建の家を売るときには、もしその家に重い欠陥があった場合、瑕疵担保責任というものが出てきます。マンションもそうなのですが家を売るときの価格は、新築の状態を基準にして決まります。よって修繕をしてから売却するか、リフォーム分を差し引いて査定額がつくのが通常です。マンションやアパートでは、共有部分と専有部...

≫続きを読む

住宅ローンは払い終わったか

家を売るときには住宅ローンがひとつの鍵となります。実は住宅ローンを組んでいる場合、完済するまで名義人が資金を提供している金融機関になっているのです。また、抵当、もし支払えない場合は家を担保としてとるという契約になっていることもあります。そのため、家を売るときには完済することが望ましいのです。無論、名...

≫続きを読む

新しい家を買う場合は

家を売った後、住居を持ち家にするかそれとも賃貸か、施設に行くか等選択肢がいくつもあります。家を売ることにして持ち家を買うとき、幾つか注意点があります。まずは日程です。家を売った後、新築やリフォームのためにすぐ新しい家にうつれないことがあります。できるだけ落成の後に入った方がいいのですが、無い場合は仮...

≫続きを読む

こういう家は売りにくい

家を売るときはできるだけ高く売りたい。ですが、買う方は値段に見合った質の家が欲しいのです。買い手がつかない、誰も欲しがらない家は値段が安くなります。どういうものが売りにくいのか事例をあげてみましょう。あくまでも家を売るときの傾向です。まずは築年数が古い、これは修繕の費用が掛かります。しかも、5階、4...

≫続きを読む

内装の汚れは必ず落す

家を売るという事は、次に使う人がいるということです。通常次のユーザーにわたる前に、リフォームが入ります。その時の修繕費用が掛かりますと、家を売る時の価格が下がってしまいます。綺麗に掃除しておくことで、修繕費用分価格があがることがあります。基本は最初の状態に戻すことです。ですが、リフォームをしていたり...

≫続きを読む


▲TOP