家を売るには情報が大事

家を売るには情報が大事

家というのは、人間にとって非常に重要なものです。雨風を防ぐという安全の確保の他、住所によって身分証明にもなります。

 

仕事を探すにも住所不定ですと、まず職は見つかりません。社会的信頼も多くの場合は、持ち家の方が高いのです。銀行が信頼して融資をしたのですから。

 

このように大事な家を売るというのはとても大きな意味を持ちます。安易に高く売れそうだからという理由で、家を売ると後で悔やむことになります。

 

商取引における鉄則は家を売るということ以外でも、こまめに情報を集めることです。土地や建物の相場表をチェックしたり、他の人の体験談を読んだりしましょう。そしてわからない、もしくは不審な点がある場合は、必ず確認しましょう。

 

家を売るときに心得ておきたいのが交渉術です。ネゴシエーションですね。窓口の担当者が専門用語をまくし立てたりした場合は、待ったをかけます。「それはこういうことだと認識しておりますが、それでよろしいのですか」と聞きます。そうしますとわかっていない場合は変化します。手がぶれたり、視線がそれたりします。因みに電話での交渉でも一発ですよ。

 

慌てた時は呼吸音が今までと違う様子になります。家を売るようにという押し買いも来ますが、どこで我が家の情報を手にしたのか、上司の指示でこういうことをしたのか、独断なのかと淡々と聞くと逃げます。

 

あまりにしつこい場合や電話番号を変えて書けてくる場合は調べてみますと何かあるものです。「御社の評判はよくないと複数のサイトで知りましたが、見苦しいですね。御免」と切るとかかってこなくなります。情報を活用して家を売るといいですね。


関連ページ

家を売るときのトラブルは
トラブルに巻き込まれたり損をしないために知っておきたいこと、家を売るときのトラブルについて解説しています。
親族とは話し合う
家を売る際に問題になる場合もあるため、事前にやっておくべき親族との話し合いについて解説しています。
近隣住民へも配慮する
家を売る際の問題を回避しよう!近隣住民へも配慮について解説しています。
家を売れないケースもある
家を売る際にきちんと知っておきたいこと。家を売れないケースもあるということについて解説しています。
家を売る準備は早めにする
家を売る時には非常に重要なのがコレ!家を売る準備は早めにする必要性について解説しています。
長期的な視点で資産管理をする
家を売る場合の大事なポイント。長期的な視点で資産管理をする必要性について解説しています。

▲TOP