近隣住民へも配慮する

近隣住民へも配慮する

ご近所さんとは仲良く、これが私のモットーです。今の家を買った時も、お隣さんや上下階の方に、にっこりと笑って丁重に腰を折って挨拶いたしました。

 

リフォーム等でうるさくなってしまうこともありますから。家を売るときと買うときは近隣住民に気を配らないといけません。多くのトラブルは、コミュニケーション不足が要因なのです。

 

家を売るときにはどこからどこまでが、自分の家の土地なのか把握しないといけません。戸建の場合は隣家との境目をはっきりさせるために、測量があることもあります。

 

知らない人間が敷地内に立ち入るのですから、相手は不安になります。ですが、日程を知らせておく等しますと、少しは落ち着きます。家の敷地というのは、直線ではないことが多いのでジグソーパズルのような状態になってしまっていたりします。

 

飛び地になっていることもあります。この場合は家に土地がついている場合は、不足分は買って、多い部分は売るということになります。この交渉は普段からなんでも話せるかどうかによっても決まってきます。普段騒音やマナーの悪さで嫌われていたら、家を売るときの交渉事がうまくいかなくなることもあるのです。今はご近所づきあいは少ないようですが田舎では必須スキルです。

 

後は、引越しが家を売るときにはつきものです。搬入の際、または荷造りの際音がすることがありますので、この時も赴いて、どういう日程で業者が入るか、駐車場や通路は何時ごろ、使うことになるかを伝えておくといいでしょう。


関連ページ

家を売るときのトラブルは
トラブルに巻き込まれたり損をしないために知っておきたいこと、家を売るときのトラブルについて解説しています。
親族とは話し合う
家を売る際に問題になる場合もあるため、事前にやっておくべき親族との話し合いについて解説しています。
家を売れないケースもある
家を売る際にきちんと知っておきたいこと。家を売れないケースもあるということについて解説しています。
家を売るには情報が大事
家を売るときの重要なポイントはこれ。家を売るには情報が大事であるということについて解説しています。
家を売る準備は早めにする
家を売る時には非常に重要なのがコレ!家を売る準備は早めにする必要性について解説しています。
長期的な視点で資産管理をする
家を売る場合の大事なポイント。長期的な視点で資産管理をする必要性について解説しています。

▲TOP