家を売るときのトラブルは

家を売るときのトラブルは

家を売るときにはお金のこと、法律のこと、家族および近隣住民のことなど様々な問題が出てきます。何故、トラブルになるかというと、今置かれている状況を、きちんと把握していないからです。

 

母校の教会で3分ほどメッセージをしています。いつも頭痛がするのは、聞いただけで理解したつもりで全く分かっていないという方です。

 

私はその3分のために難解な本も読みこみます。家を売るときにも自分の問題が何か、どういうトラブルが起きうるかをインターネット等で調べておくのです。

 

自治体および国税庁等の関係部署、各不動産業者のサイト、司法書士や弁護士のサイトなどはチェックしておきましょう。

 

もし何か問題が起きても、相談窓口がどこにあるか確認しておくといいでしょう。私の家にも家を売る勧誘が来ます。人気の土地なのでしつこいのです。徐々に脅し口調になる業者もたまにいます。たまに裏に暴力組織がいることがあります。この場合は恐喝という形で届を警察に出せます。

 

堅気の不動産業者でも金銭面で、問題が起きることがあります。証拠となる書面を揃えておくことも大切ですが、いざというときは司法の専門家に相談するといいでしょう。相続などの問題も法律関係者に頼めば、情報が手に入ります。裁判所等に行く前に交渉で解決できる家を売るときの問題も多いのです。すべて理解できなくとも良いのです。とりあえず空き時間に不安がある点はどこか確認して対処法を考えましょう。


関連ページ

親族とは話し合う
家を売る際に問題になる場合もあるため、事前にやっておくべき親族との話し合いについて解説しています。
近隣住民へも配慮する
家を売る際の問題を回避しよう!近隣住民へも配慮について解説しています。
家を売れないケースもある
家を売る際にきちんと知っておきたいこと。家を売れないケースもあるということについて解説しています。
家を売るには情報が大事
家を売るときの重要なポイントはこれ。家を売るには情報が大事であるということについて解説しています。
家を売る準備は早めにする
家を売る時には非常に重要なのがコレ!家を売る準備は早めにする必要性について解説しています。
長期的な視点で資産管理をする
家を売る場合の大事なポイント。長期的な視点で資産管理をする必要性について解説しています。

▲TOP