家を売れないケースもある

家を売れないケースもある

家を売る意志があっても、希望通りにならないこともあります。耐震基準にあっていなくて売却ができない、地価が低すぎて売れないということもあります。

 

現実に家を売ることができないというトラブルが親族でありました。老朽化してもう家が傾いてしまって取り壊すしかない、でも費用が出ない状態です。

 

厄介なことに敷地は別の方のものですのでそこが問題になるのです。後は私道と別棟をお借りした状態で、田畑もあるので家を売ることができないということもあります。何回も土地を売って欲しいとお願いしたのですが却下です。ご近所というのは家を売るときに非常に大事な存在です。

 

後は家の処分の見解が住民同士で違う場合も家を売ることができないこともあります。夫婦で意見が違う、片方は契約方式や査定額に満足しても、相手は納得しないということもあります。ここで「俺が買った家なのだから自由だろう」等とやってしまうと、大喧嘩になってしまうのです。「毎日家事をしているのは私よ」とか「薄給なのに偉そうなこと言わないでよ」とバトル勃発ということもあります。

 

そして離婚調停でまたもめるという家を売ることができない理由がどんどん増えていきます。法律の専門家や家族問題のカウンセラーが必要です。後は実は勝手に名義人が抵当に入れて借金していたということもあるのです。

 

家を売ることができない事態はよくあることです。寄付する、他の人に貸す等いくつかの対応策を考えた方が良いですね。


関連ページ

家を売るときのトラブルは
トラブルに巻き込まれたり損をしないために知っておきたいこと、家を売るときのトラブルについて解説しています。
親族とは話し合う
家を売る際に問題になる場合もあるため、事前にやっておくべき親族との話し合いについて解説しています。
近隣住民へも配慮する
家を売る際の問題を回避しよう!近隣住民へも配慮について解説しています。
家を売るには情報が大事
家を売るときの重要なポイントはこれ。家を売るには情報が大事であるということについて解説しています。
家を売る準備は早めにする
家を売る時には非常に重要なのがコレ!家を売る準備は早めにする必要性について解説しています。
長期的な視点で資産管理をする
家を売る場合の大事なポイント。長期的な視点で資産管理をする必要性について解説しています。

▲TOP