家を売ることと法律

家を売ることと法律記事一覧

家を売る事は契約

我が国では、家を売るときには多くの場合不動産業者が間に入るか、もしくは、直接買い取ります。個人間の売買は自由にできますが、仕事としては宅地建物取引士、不動産鑑定士といった公的な資格の持ち主が、関わることになります。何故かというと、土地は個人の所有物であると同時に国家の財産です。家を売るときには、法令...

≫続きを読む

不動産として家を売る

家を売るときに考えるべきことは、資産としての不動産です。不動産というのは、土地とその上にある引きはがせない物を示します。逆に動かせるものは動産、例えば腕時計や株式等も動産です。不動産は、人間が持つ財産の中で最も信頼度が高い担保となります。担保というのは、借金を返せない時に、相手がそれを使って損害を補...

≫続きを読む

家を売るときの税制

家を売るときに注意したいのが税金の問題です。詳細は金融庁等が解説していますがざっと書きますと、所得税がかかります。後は家を売ったお金を相続した場合は一定額以上は相続税がかかります。所得税は普段の収入とは別に入ったお金ですので、臨時の所得として税務署に申告する必要があります。家を売るときにはできるだけ...

≫続きを読む

耐震基準が家を売るときのポイント

昭和時代から続く瓦葺きの職人、これが父方の家です。今では瓦屋根と漆喰の木造建築の家などそうありません。瓦には巴文等伝統的な文様が入っていることがあります。これは水を意味します。鯱もそうです。火事に弱いので護符として入れます。昔の家は釘を使わないのです。木と木を組んでその弾力で組ませます。瓦は重いので...

≫続きを読む

相続と家を売る事

相続は税金の問題と同時に自分のエンディングをどうするかということにかかってきます。よく子供のために自分の所有の家を売る事をためらう方がいます。不動産は資産です。ですが、兄弟間の争いごとの種になる事もありますので、家を売る方が後々のためになる事があります。私は、数年介護施設で仕事をしてきました。よく施...

≫続きを読む


▲TOP