家を売るときの税制

家を売るときの税制

家を売るときに注意したいのが税金の問題です。詳細は金融庁等が解説していますがざっと書きますと、所得税がかかります。後は家を売ったお金を相続した場合は一定額以上は相続税がかかります。

 

所得税は普段の収入とは別に入ったお金ですので、臨時の所得として税務署に申告する必要があります。家を売るときにはできるだけ高くと思いますが、あまりいい家ですと税金がかかりすぎて利益が出ないこともあります。

 

家を売るときの税金の考え方はややこしいと思う方がいるようです。一定額の利益が出たら所得税がかかります。身近なもので例えましょう。皆様はケーキの職人です。どうやって値段を決めるでしょうか。材料費、設備費、人件費その他の費用に利益を乗せた価格を決めるのが普通です。同じように今の家を買った時の価格と売却にかかる不動産媒介手数料等をあわせた額を家を売って出たお金から引いてプラスになった時には申告が必要です。

 

また、控除もあります。売却額が3000万円以下で一定の条件を満たした場合、それを超えても10年以上いた場合、新しく家を買った場合などは控除対象となります。

 

もうひとつ家を売るときに注意したいのは、会社等住宅手当です。持ち家でも出ることがあるのですが、転居後賃貸になった時と額面が違うことが多いのです。きちんと会社に申請しないと全くない、もしくは元の額のままですので早めに経理に相談しましょう。病気になった時の補助も資産や所得によって出る額が違うので注意したいですね。


関連ページ

家を売る事は契約
家の売却にはこんな側面も。家を売る事は契約であるということについて解説しています。
不動産として家を売る
不動産として家を売るという意味について解説しています。
耐震基準が家を売るときのポイント
家を売るときに価格を大きく作用するもの。耐震基準と売却価格の関係などについて解説しています。
相続と家を売る事
家の相続、それに係る税金ってそんなに多額?相続と家を売る事の関係性などわかりやすく解説しています。

▲TOP