家を売るときの流れ

家を売るときの流れ記事一覧

家を売るときの手順

家を売ることに不慣れな方は、沢山の情報にさらされて不安になることが多いようです。特に専門用語が多かったり法律が絡むと頭がパニックになってしまう人は多いです。人様の前で、お話をする機会が与えられていますが質問をした方に解説しますと「難しい、わかんない」と3秒で投げ出します。家を売るとき、手順がわからな...

≫続きを読む

不動産業者に頼んで家を売る

家を売るときには、通常、不動産業者等専門の業者が売主である皆様と次の家の持ち主の間を取り持つ、または不動産業者自身が買ってくれるという形式をとります。法律の問題、測量の問題など素人ではなかなか解決することができないこともあります。個人間で家を売るということもできなくはありません。不動産業者は売却のマ...

≫続きを読む

契約の方式は

家を売るときに結ぶ不動産業者との契約はふたつに大別できます。不動産業者が直接買い取るケース、確実に売れる代わりに査定額が低くなってしまうことが多いのです。もうひとつは新しい住民との仲立ちをして皆様が家を売るサポートをする形式です。媒介といいます。買い手が見つかるかはタイミング次第なので、場合によって...

≫続きを読む

どれぐらい時間がかかるか

買い手があっての家を売る行為です。思い立ったら吉日ということで望んだ日どりで、家を売ることができることができる人はそういません。媒介契約のうち専任専属媒介と専任媒介は、契約期間が3カ月と決まっています。ですが、この期間に家を売るということができない場合は、新しい不動産業者を探すか、継続して契約するか...

≫続きを読む

査定をきちんと取る

家を売るという事は生涯に数回あるかないかのことです。もう爆笑したのですが昔住んでいた家を買いたいお客様がいるので希望額を言ってくれという電話や葉書が来たことがあります。何故爆笑したのかというと公団で賃貸です。家を売る事が出来ないのです。顧客が欲しがる物件はどういうものか下調べをしなかった結果です。こ...

≫続きを読む

契約書類は揃えておく

家を売るときには様々な書類が必要です。実印、印鑑証明、登記の書類、測量の図面、住宅ローンにおいて、完済してあって抵当権が消えているという証拠の書類、契約書の類等、必要なものは様々です。家を売るときには不動産業者に聞いて全部そろえておきましょう。結婚して苗字が変わったという方は実印に苗字が入っている場...

≫続きを読む


▲TOP