契約の方式は

契約の方式は

家を売るときに結ぶ不動産業者との契約はふたつに大別できます。不動産業者が直接買い取るケース、確実に売れる代わりに査定額が低くなってしまうことが多いのです。もうひとつは新しい住民との仲立ちをして皆様が家を売るサポートをする形式です。

 

媒介といいます。買い手が見つかるかはタイミング次第なので、場合によっては満足できない額で家を売ることになる危険性があります。媒介契約から、買取契約に変えることもできる不動産業者も多いので不安な場合はそう言ったものを選びましょう。

 

媒介契約には一般媒介契約、複数の不動産業者や個人と家を売るための交渉ができる物、専任媒介契約、決まった期間はその業者以外の業者との交渉はできない契約があります。個人で家を売る相手を探すのは許可されます。そしてひとつの業者以外とは交渉権がないもの、専任専属契約があります。これは個人でも交渉が出来ません。一見、自由に見える一般媒介契約がよさそうに見えますが、自分のところ以外と交渉を持つということで不動産業者とのつながりが薄いのです。

 

よほど法律などを知っておき、時間がある方でないと辛いものがあります。専任専属契約はひとつの業者に任せますので、連絡や疑問点の解説などが密接なのです。初心者や時間がない方は、この方式にした方が無難でしょう。どの方式がいいのかはケースバイケースですので、不動産業者と相談しましょう。この方式なら高く家を売ることが可能というようなことは無いので下調べはしておきましょう。


関連ページ

家を売るときの手順
家を売る時にはどんなプロセスがある?家を売るときの手順についてわかりやすく解説しています。
不動産業者に頼んで家を売る
不動産業者に依頼するとどんなメリットがある?不動産業者に頼んで家を売ることの意義についてわかりやすく解説しています。
どれぐらい時間がかかるか
家を売るのに、どんな時間がかかるの?そのかかる時間について解説しています。
査定をきちんと取る
家を売るときに損をしないために、査定をきちんと取る必要性について解説しています。
契約書類は揃えておく
家を売るときに怠っていてはいけません!契約書類は揃えておくことの必要性について解説しています。

▲TOP