家を売る以外の選択肢は

家を売る以外の選択肢は

家を売るという事はその家を、もう入手することが難しくなるということです。借金を抱えた親族の家を、ローンで買い取った方もいますが、そうそう都合よく家を売ることができる親族は登場しません。

 

家を売ること以外の方策は他人に貸すということです。大家さんになって、家賃収入を得るということです。個人で貸すと家賃の不払い、メンテナンスなどの問題が出てくる可能性もありますので、仲介役の不動産業者に手数料を払って管理を任せることもあります。建設した家を賃貸に回すサポートをする建設業者もいます。

 

後は、どこか公益団体に寄付をするということもできます。家を売ると所得税などがかかります。お金もそうなのですが、家や土地を寄付ということもあります。私は大学の教会員です。お寺さんや教会、神社さんは宗教法人なので、寄付しても税金がかからないのです。管理が面倒くさいと礼拝堂になる家ごとぽんと寄付ということもよく聞く話です。

 

特に跡継ぎがいないというような場合は残っても意味がないので、家を売るお金や土地を社会福祉のために使うように先に寄付してしまう方は多いです。学校法人等も寄付の対象になります。

 

笑いごとではないのですが土地や家があると相続で大ゲンカになるとか、不仲の配偶者にびた一文も家を売るお金を渡さないと生前に処分する方は多いのです。

 

住宅は皆様の今まで守ってきた資産です。家を売る、売らないということは今まで大事にしてきた家との関係を終わらせることなので冷静な判断が必要です。


関連ページ

家を売る動機は
どんな時に人は家を売ろうと思うのでしょうか?様々な家を売る動機を紹介しています。
家を売るとはどういうことか
家を売る、その本質的な意味ってあるの?家を売るとはどういうことなのかについて解説しています。
マンションと戸建の違い
マンションと戸建て、どんな違いがあるの?その特徴や相違点についてわかりやすく解説しています。
土地と家を売ることの関係
土地を売ること、家を売ることってどんな関係があるの?その関係性についてわかりやすく解説しています。
賃貸と持ち家どちらが楽か
賃貸と持ち家はどちらが楽?その疑問を解決します!

▲TOP