家を売るとはどういうことか

家を売るとはどういうことか

家を売るという事は、他のこととは異なった様相を呈します。スーパーでお惣菜が売られているのとは違うのです。売却時の所得税や登記の問題もあります。

 

家を売るときに注意したいのは、反社会組織への売却です。これは利益供与と言って犯罪組織の活動を助けたということで罰せられます。都市条例でも禁止されていることもあります。

 

昔、私が生まれる前に親が住んでいた家を地上げ屋さん、ほぼやの字がやってきて脅しに屈した大家さんが、店子を半ば強引に追い出したという事件があったそうです。不動産バブルの影響です。この場合は損害賠償請求がくることがあります。個人間の売買でも家を売ることができますが、人に貸している場合は借家権といってそこに住む権利を持つ、または借地権を持つということで個人の裁量だけでは売れないという問題があります。

 

私は母校の教会に籍を置く人間です。教会の建物を会堂といいます。私たちの場合は、大学内に施設がありますが、よそで会堂を建てるために家を売る人を探すときには周辺住民の反対にあうことがあります。いまの原理主義者の起こす戦争、以前あったカルト宗教の事件で宗教というと危ないといわれます。

 

ですが、テロを起こすような宗派は、実は勝手に解釈をして振りかざすようなカルト系のものです。そういった誤解があると相続税の軽減のために寄付という選択肢が無くなって家を売るとしても、売却益が無くなってしまうこともあります。事前に説明することが必要です。

 


関連ページ

家を売る動機は
どんな時に人は家を売ろうと思うのでしょうか?様々な家を売る動機を紹介しています。
マンションと戸建の違い
マンションと戸建て、どんな違いがあるの?その特徴や相違点についてわかりやすく解説しています。
土地と家を売ることの関係
土地を売ること、家を売ることってどんな関係があるの?その関係性についてわかりやすく解説しています。
賃貸と持ち家どちらが楽か
賃貸と持ち家はどちらが楽?その疑問を解決します!
家を売る以外の選択肢は
家を売るかどうか、それ以外の選択肢は無いのか、一度立ち止まって考察してみます。

▲TOP